グッチ ギャラクシーS8/S8+カバー sc-02j/scv36 hermes

ジャケット Galaxy S8/S8 edgeケース シリコン製 iPhone7 plusカバー
モスキーノ iPhone7s/8カバー 可愛い フェンデイ シリコン製

更新日 2017年07月14日

合計 2071pv


また、それぞれのカラーの、液晶ディスプレイの周囲(ベゼル)の色も本体カラーにあわせて同色になり、全体的な一体感が強くなったのも変化がわかりやすい変化点です。

背面がガラス素材からアルミ素材に変わったこともあり、Xperia XZでは「NFC」の位置が背面から、正面のフロントカメラの横に移動しました。前面のフロント部には特に何の目印もなく(購入初期にはシールが貼ってります。)、背面に慣れていた人にとっては最初は不便に感じるかもしれませんが、実際に「Xperia XZ」を持った状態でも自然とピコっとタッチできます。
細かい変更点ですが、SIMカードと、microSDカードを収めるスロットのフタの部分が一体型に変わっています。「Xperia Z5」は、開閉するフタが本体にくっついている状態で、内部のスロットのみを取り出すという方式でした。「Xperia XZ」は、フタ部分とスロットが合体しているので、出し入れするときもフタが邪魔になることもなく、何度かやっているうちに万が一千切れて外れてしまうという心配もありません。
サイドフレームにある電源ボタンは、「Xperia Z5」、「Xperia XZ」ともに、指紋センサーを統合しています。一見変わらないように見えますが、「Xperia XZ」のボタンが物理的にかなり押しやすくなっており、指紋の認識スピードもかなり早くなっています。また、どちらもIPX5/IPX8相当の防水性能とIP6X相当の防塵性能を備えているので、水回りでも安心して使えそうです。
ディスプレイサイズは、どちらも5.2インチ(解像度1920 x 1080)で、緑の色域を向上させた「トリルミナス®ディスプレイ for mobile」を搭載しています。「Xperia Z5」でもかなり高画質だと思っていましたが、「Xperia XZ」はさらに最大輝度が上がりながら黒がしっかり沈んだコントラストの高さもあります。斜め方向からディスプレイを観た場合でも視認のしやすさがまるで違います。ここはかなり違いを感じられるポイントです。

Xperia XZ」の残念なところとしては、「Xperia Z5」にあった「スモールアプリ」がなくなってしまった点です。「スモールアプリ」では、小さなウィンドウ画面に複数アプリを開くとができてとても便利でした。Android7.0に新機能としてマルチウインドウが加わる事もあってなくなってしまったのかもしれませんが、それはそれこれはこれ、出来るならXperiaの独自機能として残して欲しかったというのが本音です。
お約束で、スペックの比較もしてみます。

Xperia Z5のプロセッサーは、「Xperia Z4」にも採用されていたクアルコム社製のSnapdrgaon 810を搭載。Xperia Z4のときは、負荷がかかるとすぐに背面が熱くなり、性能に制限がかかる症状に悩まされました。一方のXperia Z5では、廃熱処理がしっかりしていることもあって、挙動は非常に良好。

そしてXperia XZでは、クアルコム社製のSnapdragon 820に刷新されました。CPUパフォーマンスは約2倍になりつつ、消費電力を抑えてGPU性能も40%向上させるなど、かなりの強化点がみられます。
また、発熱についても追ってみました。「Xperia Z5」の放熱設計も改善されたこともありパフォーマンスを維持する効果は上がっていることはわかっていましたが、「Xperia XZ」のプロセッサー自身の熱の抑制の貢献度と、放熱設計の効率化がさらに進んでいるようです。局部的に熱くなることもなく、背面がまんべんなく暖かくなる感じで安定して使えるようになっていました。

カメラ性能は劇的に進化しています。

どちらも1/2.3型の約2,300万画素のイメージセンサー「Exmor RS for mobile」でセンサー自体は同じです。一方でカメラの起動時間と、撮影するまでのタイムラグ、撮影した写真の閲覧が高速化しています。
コントラストAFと像面位相差AFを組み合わせた「ハイブリッドAF」や、被写体の動きを予測して写体を捉えてブレのない撮影が可能な「先読みオートフォーカス機能」のおかげで、いつも動いて撮りにくい子供や動物などをより確実に撮れるようになりました。

さらに低照度でも高速かつ高精度AFができる「レーザーAFセンサー」と、々な光源環境でも忠実な色再現が可能な「RGBC-IR センサー」を搭載したことで、薄暗いシーンでもAFが迷わず高精度にピピっとあうことと、ホワイトバランスも意図せず狂ってしまうことも抑えられます。
動画まわりも、「4K動画撮影」はもちろん可能で、さらにハイビジョン動画撮影のみの機能ですが、インテリジェントアクティブモードが3軸から5軸に対応したことでよりブレに強い撮影ができます。
特に、被写体によったマクロ撮影でブレをしっかりと抑えられるようになっています。
Xperia Z5」は基本的に優秀なモデルということもあって、進化の差がなかなかわかりにくいところもありつつ、1年ぐるっと回って出てきたフラッグシップモデルの「Xperia XZ」と比較してみると、パフォーマンスや機能の進化具合が各所にある事がわかります。デザインも変化していることもあり、Xperia Zシリーズからのステップアップとしてチョイスしてみてもいいかもしれませんね。

「Xperia Z5」、「Xperia XZ」ともに、バッテリー容量は2,900mAh。かつAndroid 6.0に標準搭載の省電力機能の「Dozeモード」や、アプリごとにネットワーク通信やスリープ時の機能を制限して、待ち受け状態の電池の消費を抑えるというソニー独自の「STAMINAモード」を搭載しています。

プロセッサーの消費電力の違いなど、色々な要素が関わってくることもあり、実際に使ってみるとそこまで長くありませんが、「Xperia XZ」の方がバッテリー消費がゆるやかで長持ちする傾向にあります。「Xperia XZ」には、新たに、バッテリー状況に合わせた充電を行う事で、バッテリーへの負担を軽減してバッテリーの劣化防止をしてくれるという機能があるので、ある程度長く使うことを考えると後々に有効な機能だと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップPICKUP

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 新規登録 ログイン プライバシーポリシー お問い合わせ


Copyright(c)Quute-キューテ- All Rights Reserved.