レーザの安全性

米国連邦法では、レーザのクラスをレーザに明記するように命じています。一般的なレーザーポインターのクラス分けは下記のとおりです。 (日本のレーザ安全規格に関しては財団法人日本規格協会のサイトをご参照ください。)

更新日 2017年07月24日

合計 111pv



レーザの安全性


カラス撃退レーザの分類


米国連邦法では、レーザのクラスをレーザに明記するように命じています。一般的なレーザーポインターのクラス分けは下記のとおりです。 (日本のレーザ安全規格に関しては財団法人日本規格協会のサイトをご参照ください。)


発振波長


緑色レーザーポインター装置が複数の波長を発振する場合、レーザ装置の分類は最も出力の高い波長に基づきます。


出力特性


連続発振(CW)または繰り返しパルス発振の場合、平均出力(W)とレーザのデザイン固有の露光時間を考慮しなければなりません。パルスレーザの場合、パルス当りのエネルギー量(ジュール)、パルス幅、パルス繰り返し、発生する照射ビーム露光量を考慮しなければなりません。

レーザーポインター 野外の分類


レーザーポインター 野外


クラス I

通常の動作状態において、人体に損害を与えないレーザもしくはレーザシステム(例:レーザプリンター)


http://dayviews.com/cheapj/522136827/

クラス II(危険性:低)

レーザ光が直接目に入った場合、瞬きをする反応時間(0.25秒)以内であれば安全と考えられる基準。出力源が目の近くにあり、長期間レーザ光線を目に入れた場合、危険度は高くなります。

クラス III(危険性:中)

レーザ光が直接目に入った場合、目に損傷を引き起こす猫用レーザーポインター。ミラーの反射を除く散乱反射の場合には、通常安全と考えられています。

クラス IV(危険性:高)

直接または拡散反射から目を保護する必要のあるレーザ。さらにそのようなレーザは、可燃性の物質の燃焼を引き起こし、直接的な接触により重度の皮膚やけど及び損傷をもたらします。コヒレント社によって製造されたほとんどのレーザ・システムはこの分類に入ります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップPICKUP

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 新規登録 ログイン プライバシーポリシー お問い合わせ


Copyright(c)Quute-キューテ- All Rights Reserved.